オイルで運動後マッサージをするのと運動前マッサージをする違い

筋肉に良いグッズ

筋肉に良いグッズ

それぞれ違う効果がある

ウーマン

マッサージといえばオイル

様々なマッサージグッズが販売されていますが、注目すべきは成分です。
そしてマッサージといえばオイルマッサージですが、ちょっとベタベタするということで多くの人がローションやクリームを使っています。

オイルに含まれている成分

テクスチャーはベタベタ感があるのですが、オイルに含まれているアロマを見れば、運動後や運動前のマッサージに効果的であることがわかります。
脂肪燃焼効果のあるグレープフルーツやレモングラスだと運動前に最適ですし、運動後だと筋肉痛を癒すためにパインが最適だといわれているのです。

運動前にするメリット

力を最大限出すためには運動前にはマッサージはあまり行なわない方が良いともいわれています。実はこれは目的によっては運動前のマッサージも行なう価値があるということなので、その意味を知りましょう。
運動前に行なうマッサージには、脂肪を燃焼しやすい効果があります。そのため、レモングラスのアロマオイルでマッサージした後、運動することでより脂肪が燃えやすくなるといえるでしょう。

運動後にするメリット

筋肉痛は辛いものです。しかし、運動後マッサージをすることで筋肉痛を和らげることができます。
運動後2時間経過した後にマッサージをすることで、疲れがとれるというケースもあるようです。強く揉まず、擦るようにすること、揺らすようにすることなど、部位によって方法も工夫しましょう。

運動後のお風呂も工夫しよう

運動のすぐ後にお風呂に入りたいと思うかもしれませんが、クールダウンもしてから入りましょう。マッサージはお風呂の後でも十分です。お風呂で身体を温めてから入ることで、より身体がほぐれマッサージやストレッチをしやすくなります。

正しい運動前・後のケアを確認

ストレッチ

運動をした後にマッサージする順番

正しいケアをすることで、怪我をしにくい身体を作ることができますし、運動後の筋肉痛も辛くありません。走ったり登山をした後は、お尻から下の下半身の筋肉をストレッチしたりマッサージしたりすることが大事です。

READ MORE
マッサージ

疲れが溜まらない取り組みがある

運動しているときにどれだけ動くかが重要なのではなく、運動する前や後にどういった取り組みをするのかが重要です。運動前にはしっかり睡眠をとるのも必要ですし、運動後にはアイシングとマッサージを組み合わせるやり方もあります。

READ MORE
ウーマン

前と後では得たい効果が異なる

運動前に怪我しないように身体をほぐす人もいますが、脂肪燃焼のためにマッサージをする人もいます。このように、運動前と後ではマッサージの目的が異なってきます。オイルを使い分ければもっと運動前と後の違いを出せるでしょう。

READ MORE
広告募集中