運動後マッサージとアイシングの組み合わせで疲労回復が早まる

筋肉に良いグッズ

筋肉に良いグッズ

誰でも疲れる

人間は寝て息を吸って吐くだけでもエネルギーを消費します。それが運動をした後であれば、なおさらエネルギーの消費量は上がっていくでしょう。そのため、疲れた身体を癒すためには特別なケアが必要だといえます。

運動のときに大事なこと

マッサージ

大事なのは運動をしているときだけじゃない

脂肪燃焼のためには10分連続の運動を休みを挟みながら30分程度行なうことが重要だといわれています。
そうすることで、筋肉も鍛えられていきますし、運動能力も向上していくことができます。しかし、運動前後の取り組みも大事なのです。

運動の後はできるだけ早くアイシング

アイシングは筋肉が温まっている内にできるだけ早く行なうことが大事になってきます。
運動後は筋肉は温まっているだけでなく、筋肉破壊が起きており、炎症が生じている状態なのです。それを冷やしてクールダウンさせなければいけません。

運動後マッサージの効果

運動後マッサージをしたり、ストレッチをしたりすることで、筋肉疲労の治るスピードが数倍になります。
この取り組みをするだけで、疲労骨折をする危険性も減るのです。腫れている場合はあまりマッサージはしませんが、周辺の筋肉が衰えないように患部以外をマッサージしましょう。

運動後のケアで人気のアイテム5選

no.1

マッサージローション

運動後マッサージをする際、何も付けないで行なうと痛いと感じることがあります。ローションを使うことでスムーズなマッサージができるのです。ローションの中には筋肉疲労に効果のある乳酸菌酵素やアミノ酸などが含まれています。

no.2

熱冷ましのためのアイス枕

氷嚢なども人気ですが、氷を持ち運びしなければならないのが面倒という人もいます。そういった人は風邪を引いたときによく使う、アイス枕を利用している人が多いです。タオルを巻けば、患部を冷やしすぎないで済むといわれています。

no.3

ボディクリーム

運動後マッサージの際に使うといえばローションと似ていますが、最大の違いは形状です。クリームなのでローションよりも滑らかで、保湿性が高いです。温める効果のあるボディクリームもとても人気が高いので注目しましょう。

no.4

患部を支えてくれるサポーター

運動をしていると、慢性的に傷みを感じる部位があります。運動後にはサポーターをすることで、安静を保つことができるようになっています。運動中は邪魔に感じる人も多いですが、保存療法のためにもサポーターをすることが求められます。

no.5

身体に栄養を与えるサプリ

運動後は身体から汗が流れ出します。これは身体に必要なミネラル分が流れているということです。そのため多くの人がアミノ酸サプリを活用し、身体に栄養を与えています。サプリなら同時にビタミンも摂取できるというメリットもあります。

正しい運動前・後のケアを確認

ストレッチ

運動をした後にマッサージする順番

正しいケアをすることで、怪我をしにくい身体を作ることができますし、運動後の筋肉痛も辛くありません。走ったり登山をした後は、お尻から下の下半身の筋肉をストレッチしたりマッサージしたりすることが大事です。

READ MORE
マッサージ

疲れが溜まらない取り組みがある

運動しているときにどれだけ動くかが重要なのではなく、運動する前や後にどういった取り組みをするのかが重要です。運動前にはしっかり睡眠をとるのも必要ですし、運動後にはアイシングとマッサージを組み合わせるやり方もあります。

READ MORE
ウーマン

前と後では得たい効果が異なる

運動前に怪我しないように身体をほぐす人もいますが、脂肪燃焼のためにマッサージをする人もいます。このように、運動前と後ではマッサージの目的が異なってきます。オイルを使い分ければもっと運動前と後の違いを出せるでしょう。

READ MORE
広告募集中